KEY 
MEMBER
メンバー紹介

代表取締役/事業戦略家 CHIEF EXECUTIVE OFFICER/BUSSINESS PRODUCER
池邊 和孝 KAZUTAKA IKEBE
1980年、大分県佐伯市生まれ。大学を卒業後、横浜のIT企業に入社。
WEBデザイナーを経て翌年にセールスを担当。受注率は8割を超える。
また数々の新規サービスの立ち上げなどを立案・経験し黒字軌道に乗せる。
2012年、関連会社の社外取締役に就任。海外へのオフショア・アウトソーシング戦略や
アジアマーケットへの事業拡大を担う。2013年、執行役員に就任し、全事業の統括担当となる。
創業時からのサービスを大幅に会員数を増加させ、経営基盤となるサービスに成長させた。
(同年、プロデュースをしたWEBサイトが世界で最も有名な評価審査機関で表彰を受ける。)
2015年6月、同社の取締役に就任し、当時撤退を検討していた事業である、
ホテル向けサービスを短期間で黒字化に成功。全社売上高を200%増加させた。
取締役[非常勤] NON-EXECUTIVE DIRECTOR
佐川 学 MANABU SAGAWA
1971年、東京都練馬区生まれ。現株式会社シー・エス・エスホールディングス代表取締役。
2001年に株式会社シー・エス・エスに入社。プログラマー、セールス等を経て、
2015年代表取締役社長に就任。2018年株式会社リライフ・ジャパンを買収。
同年株式会社シー・エス・エスホールディングスを設立。翌年2019年には株式会社Qを設立。
上記シー・エス・エスグループ各社の代表取締役を兼務。
2015年以降、証券システム開発に強みを持つシー・エス・エスグループの改革に注力。
DX領域に注力するため、AWS APNパートナー認定、SASパートナー認定を取得し、システム開発以外の
クラウド、データ分析まで積極的に事業を拡大。さらに2022年には新規SaaS事業として
BtoBコミュニケーションプラットフォーム「Qube」をローンチした。
社長就任後わずか数年でグループ全体で年商15億円から20億円超の企業に成長させた。
2022年12月株式会社グラディートに参画。盟友の池邊と共に、世の中に新たな価値観の
種を撒くため、デジタル領域から強力に支援する。
顧問 ADVISOR
新村 直樹 NAOKI NIIMURA
元株式会社ソフィアホールディングス代表取締役(JASDAQ:6942)これまで10社の
グループ会社を統括しグループ全体のマネジメント業務、全体の経営戦略・経営計画の
策定(中期・長期)の指揮、連結予算作成/予実管理等を主とし積極的に子会社の
取締役としての事業に参画。またグループ全体でのコスト削減、業務効率化を実施し、
グループシナジーを追求することにより営業利益、営業利益率アップを達成。
4年連続赤字だった連結営業利益を2年連続で増益を達成。これまで7社のM&Aに関わり、
連結売上高25億から40億に大幅に成長させた。その後、2019年からジャパンハウジング株式会社の
代表取締役に着任し、コスト削減や顧客管理システム、人事労務・経費精算システム導入による
経営・業務効率化改善、人事評価制度の再構築と運用と各種規定類の整備を行い、
新規に資金調達を成功。現在は株式会社官民連携事業研究所取締役COOベンチャー企業の
取締役COO兼管理部長として、代表取締役と事業推進に注力し全社予算作成、
予実管理などの経営企画部門の統括、また人事労務・経費精算システム、
コミュニケーションツールなどのITツール導入など、管理部門・情報システム部門も兼務し
全方位で活躍している。
顧問 ADVISOR
須原 誠 MAKOTO SUHARA
大手コンサルティング・ファームにて米国(サンフランシスコ&シリコンバレー)、欧州及び中国、
シンガポール、東南アジア全域で10数年勤務し、日本企業の海外進出や外国企業の日本進出を支援。
米系ビジネスインテリジェンス会社の日本副代表、ベンチャーキャピタル会社の取締役として
NECキャピタルソリューションと新生銀行と共に「ふくしま成長産業育成ファンド」のファンドマネージャー、
米系フォレンジックサービス提供会社のアジア代表、フランス系戦略コンサルティング会社の
日本支社長を歴任し、ベンチャー企業の立ち上げや育成に関わる。
その後、2019年1月よりエストニア共和国全権大使特別補佐官及びEnterprise Estoniaの
日本代表に就任。エストニア企業の日本進出、日本企業のエストニア共和国への進出・投資、
日本全国の基礎自治体のDX化、スマートシティ/スーパーシティ政策の企画・立案・実行を支援。
青山学院大学SDGs人材開発パートナーシップ研究所に特別研究員として招かれた事を機に、
2021年4月より青山学院大学大学院経営学研究科博士課程後期に進学し、エストニア共和国の
国際公務員を退任。現在は学術研究者の立場で、日本全国の基礎自治体における
新産業創生・地方創生・医療のDX化、教育のDX化、スマートシティ計画の立案・遂行の
アドバイザーとして活躍する。
また、山口県山口市の湯田温泉研究所の特別研究員としても活動している。
南カリフォルニア大学MBA、上海交通大学EMBA。

STRATEGY 
PARTNER
戦略パートナー紹介

空間デザイナー/一級建築士 ARCHITECT
峯川 航 KO MINEKAWA
一級建築士事務所KOTATSU+主宰
インテリアデザイン、建築設計、空間スタイリングを手法とし、クライアントの世界観を唯一無二の
形にすることを第一義とした空間デザインをする。
茶の湯の世界創造を理想郷と考え、空間設計だけではなく、室と礼が真に融合した世界観の構築を
ビルディングタイプ、ジャンルを問わず追求する。
アートディレクター/
グラフィックデザイナー 
ART DIRECTOR /GRAPHIC DESIGNER
鎌田 佳幸 YOSHIYUKI KAMATA
1979年神奈川県横浜市生まれ。
都内制作会社にて、グラフィックデザイナー/アートディレクターとして13年にわたり、
BtoBビジネス向けのSPツールや会社案内などの印刷媒体、展示会ブースなど、企画・制作に従事。
2014年からフリーランスとして活動を開始。店舗開業におけるブランドコンセプト開発やCI/VI開発など
活動の幅を広げ、クリエイティブとブランディングを主軸においた、様々な課題解決に取り組む。
「クライアントの伝えたいこと」「ターゲットの求めるもの」の架け橋となるべく、伝わる
コミュニケーションデザインの在り方や、企業や商品・サービスが持つ本質的な価値を見える化/
最大化することで、ワクワクするモノ・コトを伝播させることを追求し続ける。
ウェブデザイナー WEB DESIGNER
木村 康子 YASUKO KIMURA
1986年、宮城県仙台市生まれ。
大学を卒業後、2009年に横浜のIT企業に入社。WEBデザイナーとして7年間数々の有名企業を担当。
2016年に同社を退職し、2年半の世界一周、流浪の旅へ出る。帰国後、2019年に個人事業主として開業。
2014年より、CMSで国内の大きなシェアを占めるMovableTypeのユーザーコミュニティ、MT東京に
所属し、中心スタッフとして各種イベントの企画、運営にかかわる。2021年には同コミュニティ主催の
MTDDC Meetup TOKYO 2021の実行委員長を務めた。
現在はWEBデザインにとどまらず、フロントエンド、CMSのオーサリングなど多岐にわたる。
主な使用言語はHTML、CSS、javascript、phpなど。
CMSはMovableTypeの他、MovableType.net、Wordpressのテーマ作成まで請け負っている。
制作実績として各種コーポレートサイト、ホテルサイト、ウエディングサイト、
各種社団法人サイトなどがある。
フォトグラファー PHOTOGRAPHER
多田 沙紀 SAKI TADA
1990年、新潟県新発田市生まれ。
ものづくりを志し、大学卒業後都内の建設会社に入社。設計職として5年勤める。
2018年同社を退職し、未経験で撮影会社に入社。現場で様々なシーンに合わせた撮影スキルを養い、
多くの案件で手腕を発揮する。
2019年横浜元町でフォトスタジオの立ち上げに参画。
現在は競合が多く激戦区である「横浜みなとみらいエリア」で多くのクライアントから評価され、
口コミNo.1のウェディングフォトのサービスへと昇華した。
ウェディングフォトをはじめビジネスシーンにおける撮影、リクルートサイト向けフォト、
ファミリーフォト、プロフィール写真など被写体である人物の潜在的な魅力を抽出させて写真撮影を行う。